誰も見ていないと思っていたら上司は見ていました


仕事においてなかなかうまくいかないことはあります。
理由としては、仕事の役割分担をしているにもかかわらず、その分担した方が手をつけていなかったり、あるいは想定していた内容の成果物がでてこなかったりと色々ですが、その都度、自分が手直しや手助けをしています。

残業も多くなりがちな状況で、体も疲れ気味でした。
本来ならば、自分の仕事ではないのですが、気になって仕方ないため、手助けをしています。
この手助けが必要かどうかの話はありますし、現に手助けしなくて良いのでは、という意見も同僚から聞きます。

そんな時、上司はこの私の状況を見て頂いていました。
問題点や課題など、親身になって議論してもらいました。また、仕事を分担したメンバーにもフォローしてもらいました。
何気に上司が見ていなさそうで、状況を注視されていたこには驚きました。
上司も忙しい中、チームメンバーの働き具合などを細かくみていることに対し、改めて感謝しました。